日本人なのに「日本語うまいね」と褒められます。私が「ハーフ顔」に生まれて“よかった”理由

Text: Mina Samejima

2017.12.12

Share
Tweet
※異なる人種の両親を持つ人を“ハーフ”と呼ぶことに議論がありますが、この記事ではあえて日本の一般的な呼び方に合わせて“ハーフ”と表記しています。

うそ!日本人なんだ!じゃあハーフってことにしといてもらえる?

これは以前、筆者が道でモデルのスカウトをされた時に言われた言葉。「外国人顔」な私をハーフだと思い、モデル事務所の方が声をかけてきました。しかしお決まりの「ハーフだよね?」という質問に「いいえ、違います」と答えると、彼女は驚き、モデル活動をするのならハーフだと言うように助言してきました。

彼女いわくハーフモデルの需要は今ものすごく高く、ハーフという枠でたくさんのお仕事がとれるというのです。その言葉に様々なことを考えさせられ、ものすごく複雑な気持ちになったことを覚えています。

width="100%"

「ハーフであること」を消費する日本の現状に嫌気がさしました。

こんにちは、大阪で大学生をしている鮫島みなです。私は日本生まれ、日本育ちの日本人で、私の知る限り私の親族には海外出身者はいない、いわゆる“純日本人”です。(ハーフの方にももちろん日本人の方はたくさんいらっしゃいますし、そもそも何を“純粋な日本人”とするかは多くの議論がなされているので、あくまで“いわゆる”ですが)そして、もちろん私は自分のことを日本人だと認識しています。しかし、私は見た目がめちゃくちゃ“ハーフ顔”です。

もちろん、ハーフだと思われ、モデルのスカウトのような機会を頂けたことを考えるとハーフ顔で得をしたとも考えられます。しかし私はハーフではありません。自分のアイデンティティをなぜ偽らないとならないのか。私がハーフだとしても、そうではないとしても自分の見た目が変わることはないのに“ハーフ”という事実に価値が見いだされ、消費されてしまう日本の現状に嫌気がさしました。

このように“純日本人だけどめちゃくちゃハーフ顔”である自分だからこそ経験することは日常生活でもたくさんあります。今回はそのいくつかを紹介したいと思います!

width="100%"

ハーフ顔に生まれてよかった8つの理由。

⑴ 母語を話すだけで天才になれる

よく初対面の人に「日本語うまいね!」と褒められ、めちゃくちゃ言語習得能力が高い人だと思われます。

⑵ 同士を見つけると一瞬で絆が生まれる

ごくまれに同じくらいハーフ顔の人に遭遇します。「じゃないパターン?」「え、いっしょ!」と、おそらくハーフや外国人の方同士以上の絆が生まれます。

⑶ 相手が言いたいことを予測できる

人が次に何を言うのか表情でわかるようになります。物言いたげな顔でまじまじと顔をみてきたら3秒後には必ず「ハーフ?」と聞かれます。また、その後の返しで相手がだいたいどういう人か判断ができます。

⑷ 常に「自分探しの旅」に出られる

アイデンティティークライシスに陥ります。日本で生まれ育ち、血も国籍も日本人だと思っていますが、他人には日本人と認識されません。常に「ワタシッテナニ」状態。

⑸ 打たれ強くなれる

上げて落とされる。勝手に「ハーフである」という謎の期待を持たれ、チヤホヤされるのですが、実際はハーフでないと知ると謎のショックを受けられます。

⑹ 好きなタイミングで日本語を忘れられる

都合の悪いことは理解できないふりが通じます。基本しつこそうなナンパやキャッチは「 I don’t speak Japanese」で回避します。

⑺ 透明人間になれる

日本語がわからないと思われ、目の前で自分の話をされます。「あーね!みえてないんか!透明人間ってこんな気分なのね!」

⑻ ささいなことで喜べる

「名前なに?」と出身地の前に名前聞かれるだけでなんだか嬉しくなります。

width="100%"

自分に自信を持って、他人との違いを愛すべき。

悲しくきこえる部分もあったかと思うのですが、そんなに悪いものでもありません。

日本には「ナルシストってダメ」みたいな風潮があり、小さい頃は本当に自分だけ見た目が違うことがコンプレックスでした。しかし、今となっては、詩人金子みずゞさんの名言ではないですが、“みんなちがって、みんないい”と感じられるようになり、他人と違っている自分が好きです。まだまだ嫌いなところもあるので克服していきたいですが。

また、最近は日本のテレビや雑誌などのマスメディアでハーフモデルやタレントが活躍していることもあり、「ハーフであるということ」に一定のステレオタイプや価値が出来上がってしまっているように感じます。ハーフの人々を個人レベルで扱わず、一定の基準や価値観におさめ、消費してしまうこの日本の現状を発見できたのは、筆者がハーフ顔であるが故なのでしょうか。

少しでも多くの、コンプレックスで悩んでいる人が、この記事を読んで「みんなと違う自分」を愛するきっかけになれば嬉しいです。

Mina Samejima

Website

width="100%"

※こちらはBe inspired!に掲載された記事です。2018年10月1日にBe inspired!はリニューアルし、NEUTになりました。

Share
Tweet
★ここを分記する

series

Creative Village