#YouAintNoMuslimBruv |「丼」じゃなくて「#」で読み解く、現代社会 #002

Text: Shiori Kirigaya

Artwork: madoka

2016.9.24

Share
Tweet
width="100%"
Illustraion: madoka

皆さん、こんにちは!今日は前回とはずいぶん毛色の違うハッシュタグ・アクティビズムを紹介しますよ。

アメリカのニュージャージー州やニューヨーク州で手製の爆弾を仕掛けて爆発させた容疑者が捕まりましたね。彼はアフガニスタン出身の米国人で、パキスタンとアフガニスタンへの渡航歴があると報道されています。こういったことがあると、テロとの関連がないか、とニュースがすぐさま騒ぐと思いませんか?これが続いていくと、どうなってしまうのでしょう?

イスラム過激派組織ISISが起こしたテロ事件が世界で相次いでいます。この組織は、「イスラム教」の名目で残虐行為を繰り返しているのです。
彼らの犯行は多いし、大々的に報道されていて目立ちますが、「イスラム教徒の容疑者が捕まりました。ISISと関連はあるでしょうか〜?」という報道が多いと、聞いている人がイスラム教を信仰する人や中東系の顔立ちの人をみんな“テロリスト”だと思い込むようになってしまうような気がしませんか?

#YouAintNoMuslimBruvというハッシュタグ・アクティビズムがあります。

これのもととなったのは、昨年12月にロンドン北東部の地下鉄で起きた刺傷テロ事件の現場に居合わせた通行人が発した言葉です。文字通りに読むと「お前はムスリム(イスラム教徒)だ」という意味になってしまいますが、これは階級の低い人の言葉使いで、否定する言葉を2回使うことで“否定”を意味しています。

例えば、日本語なら“お前はムスリムじゃなくない?”のようなイメージ。つまり、「お前なんてムスリムじゃない」という意味です!階級の低い人の言葉使いを用いたこのハッシュタグは、多かれ少なかれ皮肉の意味も込められているのでしょう。

<無罪の人々を襲撃するの?君は不名誉だし、イスラムは君を認めないよ #YouAintNoMuslimBruv>
<“お前はムスリムなんかじゃない。恥なだけだ。”通行人が過去10年を一言で言い表した。#YouAintNoMuslimBruv>
<#YouAintNoMuslimBruv このハッシュタグは、私がロンドンが好きな理由の一つだ>

これら3つが最もトレンドとなった#YouAintNoMuslimBruvのツイートたち

width="100%"
Illustration: madoka

イスラム教を代表しているかのように装っているISISに向かって、それは本来のイスラム教徒とは違うと言っているこのツイート。「イスラム教徒はテロを起こす人々ではない」ということを、人々に改めて伝えたということで意味があったのです。そして、イスラム教徒といえば中東系の人々を思い浮かべるかもしれませんが、イスラム教徒がみんな中東系ではないし、中東系の人々がみんなイスラム教徒ではありません!

多様な人種や宗教の人々が暮らすことで知られるイギリスのロンドン。
そんな都市で拡散された偏見によるヘイトやテロのどちらも許さない姿勢を見せ、嘲笑しているこのツイート。
こんなに的確に人々の思いを代弁した言葉はないと評価され、すごく「ロンドンらしい」と言われてツイッターではこのハッシュタグのツイートが多くつぶやかれました。

さらには、キャメロン首相もスピーチで引用し賞賛しています!気になる方は下の動画をご覧ください。

※動画が見られない方はこちら

皆さんは、「アフガニスタン系の男が起こした事件にテロとの関係性がないか調査しています〜」「イスラム教徒の容疑者が捕まりました。ISISと関連はあるでしょうか〜?」というような報道を見ても、「やっぱり中東系の人やイスラム教徒はテロと関係している可能性が高いんだ」とは思わず、このハッシュタグ・アクティビズム#YouAintNoMuslimBruvを思い出してくださいね!

ISISの犯行は目に付きますが、多くの人はそのような組織には関連していません。
それでは、次回の連載をお楽しみに!

via. The Guardian, BBCニュース, Telegraph, CNN.com, The Citizen
 

※こちらはBe inspired!に掲載された記事です。2018年10月1日にBe inspired!はリニューアルし、NEUTになりました。

Share
Tweet
★ここを分記する

series

Creative Village