日本で異常なほど“日常化”する「痴漢」を経験した女性5人に聞く「MY 痴漢 STORY」

Text: Noemi Minami

Photography: Noemi Minami

2017.9.4

Share
Tweet
 

悲しいことに、ある意味私たちの生活に身近な存在「痴漢」。女性専用車両の是非や痴漢冤罪の問題はマスメディアでも幾度となく議論されている。特に痴漢冤罪は「被害を訴える側に有利な仕組み」になっていると、世間は“罪のない一般男性”に同情の目を向ける傾向があるのではないだろうか。それはその通りである。

しかし今回は、そういった議論が行われる以前の根本的な問題にもう一度目を向けたい。

警視庁の調査によると2016年度中、都内で強姦は約140件、強制わいせつは約800件、痴漢(迷惑防止条例違反)は約1,800件報告された。(参照元:警視庁)性犯罪は報告をしない被害者が多いことを考慮すると実際の数はさらに多いだろう。

日々、痴漢に苦しむ人々が存在しているのだ。

今回Be inspired!は過去に痴漢をされたことのある女性たちにそのときの話をシェアしていただいた。彼女たちの話してくれた体験を通して、この記事がすべての立場の人にとって改めて痴漢について考えるきっかけになれば嬉しい。

width=“100%"
マナミ(24)

私のエピソードは、一般的にいう「痴漢」の定義とはちょっと違うかもしれない。だからこそ少し違った角度から痴漢とは何か考えてもらいたい。フルタイムで働いていた頃、朝の通勤は一番効率のいいルートで毎日同じ電車の同じ車両に乗っていた。顔見知りになる人もいるなかで、ある日一人のおじさんが異常に近くに立っていることに気がついた。明らかに動くスペースはあるから、私が若干避けるように動くと、おじさんも付いてくる感じで近づいてきた。最初は私の勘違いかと思い考えないようにしていたけど、それが1週間程毎日続き、直接触れることはなかったものの、なんともいえない不快感を感じ、結局私が通勤の時間を変えるまでなくならなかった。現代の痴漢問題はそのうえに冤罪の問題など難しいなかでどうやって対処していか分からず、悔しい思いをした。

width="100%"
Chihiro(25)

‪通り過ぎ様にわざと胸が腕に当たるように測られたり、自転車で追い越し様に胸を掴まれたり。日中、ただ歩いている時でも、こういうことは意外とある。思い返すと、初めて”チカン”されたのは、小学校3年生の頃だった。バスを待っていると、自転車で通り過ぎ様に鼻の下を撫でられた。何が起こったのか咄嗟にはわからなかったけど、気持ちの悪さがじわじわと昇った。‬すぐ声をあげることも、抵抗することも、まして出来事を証明することも出来ない。それはあまりに一瞬で、あまりにグレーだったから。不快感こそが証明だと思うのに。

width="100%"
Ayah(27歳)

満員電車でまわりの人と体が触れ合うのは当たり前。でもそのときは違和感があった。背後にいる人の下半身部分が、自分の下半身に密着していたから。居心地が悪くて、体を少し動かしても、離れずについてくる。そして性器をこすりつけるように微妙に動いている。何が起きているかわからず混乱している間に、次の駅に到着し、どっと人が流れ出た。人混みと恐怖で後ろを確認することはできず。あとからジワジワと、あれは痴漢だったんだと怒りが沸いてきた。

width="100%"
ゆかり(24歳)

朝の通勤途中、満員電車のどさくさに紛れて、後ろに立つ男の脚が私の脚の間を割って入ってきた。満員電車だし、最初は気にも留めなかったが、不自然に男の脚が私の臀部に密着してきたので、戸惑いを覚えた。電車が揺れると、今度は男の両手が私の腰をさりげなく、けれど確実に掴んで来た。電車の揺れが止まっても、その手は私の腰に添えられたまま。戸惑いを超えて不快に思ったが、「あともうちょっとで着くから」と心のなかで自分をなだめただけで、何もできなかった。

width="100%"
mija(27)

8歳のとき、校門の外から同級生が一輪車検定をしている様子を見ていたら、作業服を着たおじさんが”君もやらないの?”と話しかけてきた。普通のおじさんに見えたがなんとなく怖くなりすぐに走って家に帰った。自宅に着きドアベルを鳴らしたとき、後ろからそのおじさんの声がした。尾けられていた。その直後には顔と体を押さえつけられ、無理やりされたくないことをされていた。8歳の自分は大声をあげるしかなかった。その後自分が汚くなったと思い、唾を飲み込めず風呂桶に吐き続けた。また家に来るのではないかという恐怖からドアをこじ開ける幻聴や悪夢に悩まされ、工事で家の傍に作業服を着た人がいると家に帰れない日もあった。警察は何もしてくれなかった。

もはや特別なことではなくなってしまっている痴漢の話題。一度立ち止まって、それが現実的に起きていることだということを思い出して欲しい。痴漢をする人を変えられるのか、それはわからない。でも痴漢をされたときに声をあげやすい環境か、気づいた人が助けに入りやすい環境か、そういったことは社会全体の問題でもある。無論、痴漢冤罪をなくすことも非常に重要な一歩。一人ひとりがこの問題を実際に起きていることとして深刻に受け止め、どうしたら改善していけるのかを考えることから始める必要があるのではないだろうか。

※こちらはBe inspired!に掲載された記事です。2018年10月1日にBe inspired!はリニューアルし、NEUTになりました。

Share
Tweet
★ここを分記する

series

Creative Village